「生活費のために」パチンコ強盗で無職の男逮捕(2021年2月15日)

去年12月、さいたま市のパチンコ店に押し入り、現金約950万円などを盗んで店員にけがをさせた強盗傷害の疑いで39歳の無職の男が逮捕されました。

 無職の橋本益男容疑者は去年12月、さいたま市岩槻区のパチンコ店で従業員らを刃物のようなもので脅し、現金約950万円とスマートフォン2台を盗み、店に押し入った際に女性従業員にけがをさせた疑いが持たれています。

 警察によりますと、橋本容疑者は以前この店で働いていて、店の営業時間などを熟知していました。

 防犯カメラには傘を差して映らないようにする姿が記録されていたということです。

 取り調べに対して「女性にけがをさせていない」という話をする一方で、「生活費や借金返済のためにやった」と話しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp